施工職人
五十嵐 亮 Ryo Igarashi

自分のそばに木や山や森、自然を感じていたい、そんな思いから大工として、常に木に携わり、木を扱ってきました。これからの建築は、単に空間のデザインや機能を向上させるだけでなく、そこに「自分や家族にしかできない暮らしや未来を想像できる」という価値を付加することにあると考えています。そうして住まいへの愛着をより強く持ってもらい、より永く使ってもらえるような仕事を心がけています。